ウィークリー・マンスリーマンションでグッドライフを過ごしてみませんか?

WELCOMコンテンツウィークリー・マンスリートップウィークリー・マンスリーマンションとは?ウィークリー・マンスリーの利用法一般賃貸物件との違いウィークリーマンスリーの種類ウィークリー・マンスリーの選び方ウィークリー マンスリーの基礎用語



ファミリー用マンスリー活用法

ウィークリーマンスリーマンショントピック

最近、CMなどでよく見掛けるウィークリー・マンスリーマンションって何?どう利用するの?こんな疑問をお持ちの方はたくさんいることでしょう。

当サイトではそんな皆さんの疑問を少しずつ解いて生きたいと思います。

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクをお貼り下さいバナーが必要な方は以下のバナーをご利用下さい。

Monthly Life.com

ウィークリー・マンスリーマンションとは?

ウィークリー・マンスリーマンションとは通常、賃貸で利用しているマンションやアパートは短期間から必要に応じて貸してくれて、住みたいときや突然の滞在にも手軽にすぐ利用できるシステムになっており、ビジネスホテルや賃貸マンションの両方の良いところを兼ねた新しい感覚のレンタル物件のことをいいます。広島では広島 賃貸丸分かりのアルファーランドをチェックしてみてください。

最近ではほぼ全国の各都道府県に物件が広がっていて、手軽さと割安であることなどで「街中のコンドミニアム」として大変な好評を得ているようです。短期賃貸の場合、ウィークリー・マンスリーマンションでは1週間(6泊7日)〜マンスリーマンションでは1ヶ月(30日〜の利用が基本です。週単位なのか、月極なのかによって呼び名が違うだけで、内容やサービスに変わりはなくほとんど同じシステムなのです。

単身赴任の場合2〜3年以上の長期滞在はもちろん、とくに期間の制限などはありません。長期滞在になるほど割安な料金設定を実施しているところもあるようです。

生活に必要な備品がテレビや・ビデオはもちろん、冷蔵庫・洗濯機など用意されているので、入居当日からカバン一つと言っても、その日からいつも通りの生活が出来、止まっているというよりは住んでいる感覚で気軽に利用できます。洗濯も自炊も、自分の都合で出来ます。自分の部屋のようにくつろげることがウリです。

その他にも、ウィークリーホテルというのもあり、こちらは1泊からOKです。フロントがあって24時間常駐スタッフがいます。セキュリティ面ではより安心でしょう。ウィークリーマンションなどのように備品が揃っている所もありますが、洗濯は館内のコインランドリーコーナーだったり、自炊は出来なかったりするところが多いようです。

ここで一般的なウィークリー・マンスリーマンションの特徴をご紹介しましょう。

 どんな物件がある?

一般の賃貸住宅と同じです。マンションタイプからアパートタイプ、そして一戸建てまであります。間取りも単身向けからファミリータイプまで多彩です。

 物件はどこにある?

北海道から沖縄まで日本全国の都市圏にあります。ビジネスホテルがある都市にはほぼあると考えていいでしょう。

 賃料の仕組みは?

入居期間をあらかじめ決めて前払いが原則のようです。1週間や1ヶ月で割り切れない日数分は日割り計算で算出します。家具が付いている分、一般の賃借物件よりは割高ですが、日割り換算するとビジネスホテル宿泊代よりは割安です。

 契約時の諸費用は?

会社によってことなりますが、数万円の保証金以外は無し(礼金、敷金、仲介手数料の必要な一般賃貸住宅よりずっとお得です)

 家具はどんなものがついてる?

ベッド、カーテン、テーブル、テレビ、冷蔵庫は必須です。その他会社によってはソファやビデオ、室内洗濯機のある物件もあります。

 生活備品は?

調理器具、食器衣類からタオル、石鹸までさまざまです(一部レンタル・買取になっている場合もあります)

 契約手続きは?

必要書類のやりとりは郵便やFAXで手続きが簡単です。賃料を振り込めば、あとは鍵を取りにいくだけです。

 退去時の費用は?

ウィークリー・マンスリーマンションでは原則として、契約時に一定のクリーニング代金(2万円前後が一般的)を支払うだけです。一般の賃貸住宅のように、退去時でないといくらになるか分からない原状回復費より明朗会計で、トラブルになることもありません。

アパート経営をお考えなら、ウィークリー・マンスリーマンションもねらい目かもしれませんね

おすすめWEBサイト 5選

2016/7/11 更新