ウィークリー・マンスリーマンションでグッドライフを過ごしてみませんか?

WELCOMコンテンツウィークリー・マンスリートップウィークリー・マンスリーマンションとは?ウィークリー・マンスリーの利用法一般賃貸物件との違いウィークリーマンスリーの種類ウィークリー・マンスリーの選び方ウィークリー マンスリーの基礎用語



ファミリー用マンスリー活用法

ウィークリーマンスリーマンショントピック

最近、CMなどでよく見掛けるウィークリー・マンスリーマンションって何?どう利用するの?こんな疑問をお持ちの方はたくさんいることでしょう。

当サイトではそんな皆さんの疑問を少しずつ解いて生きたいと思います。

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクをお貼り下さいバナーが必要な方は以下のバナーをご利用下さい。

Monthly Life.com

ウィークリー・マンスリーマンションの種類

ウィークリー・マンスリーマンションにも種類があること知っていますか?ここでは、種類についてご紹介します。

専業型

専業型のウィークリーマンションは、ウィークリーマンションを経営するために、既存のマンションやアパートの全室を利用していたり、新しくマンションやアパートを新築しています。

専業型のウィークリーマンションは、ウィークリーマンションを専門に扱っている業者のため、他の種類の中でも最も設備やサービスが充実しているのが特徴です。その代わりに部屋のタイプが全て似た感じとなるので好みの部屋を選ぶ選択肢は狭くなると言うことが言えます。

空室利用型

空室利用型のウィークリーマンションは、一般の賃貸マンション・アパートの空き室を有効活用するために、ウィークリーマンションとして貸し出しているものです。

高級マンションをウィークリーマンションとして利用しているケースもあり、様々な部屋のタイプがあります。長く住める作りのため、一年程度の滞在や、自炊をしたい人に向いています。管理は主に不動産会社が管理をしているようです。

ホテル型

ホテル型のウィークリーマンションは、一般的なビジネスホテルに近いシステムです。コインランドリーが利用できたり、炊飯器などの備品の貸出サービスや朝食のサービスがあるなど、ウィークリーマンションというより、長期滞在のホテルと言えます。

他のタイプよりも交通アクセスが良いなどの特徴がありますが、設備面においては多少劣るようです。その他にも、女性専用の物件や、複数人数が入居可能でルームシェアリング向けの物件や、来日した外国人向けのゲストハウスなどがあります。

ウィークリーマンションと・マンスリーマンションの違いって?

ウィークリー・マンスリーマンションの違いはどこにあるのでしょう。

ウィークリーとマンスリーなので1週間単位の契約か、1ヶ月単位の契約の違いだろうと思っている方もおおいのではないでしょうか。半分は当たっていますが、半分間違っています。

例えば、1ヶ月と5日という中途半端な期間を借りた場合、1ヶ月でも1週間でも割ることが出来ません。それならば、期間の短いマンスリーの方がお得だろうと思いがちですが、実際はどちらも日割り計算を行うので同類の代金で借りることが出来ます。

では、実際に何が違うのでしょう・・・・??

契約の最低期間が1ヶ月未満のものをウィークリー・1ヶ月以上のものをマンスリーとそれぞれ読んでいます。従って7日間とか10日間だけ借りる場合はウィークリー、1ヶ月を超える場合はどちらでも契約することが出来ます。
しかし、最近ではマンスリーと言っても1ヶ月未満の契約が可能な会社が増えているので、ウィークリー・マンスリーの違いは小さくなってきているようです。

ウィークリーとマンスリーの業種の違い

なぜウィークリーとマンスリーの2つの業種にわかれているのでしょう。

この違いを解説すると、ウィークリーの場合運営は主に旅館業法に基づく運営会社でビジネスホテルが賃貸住宅に近い形になったものです。

マンスリーの場合は、運営は主に不動産会社で、一般賃貸住宅が近い形になったものです。また、契約時にはマンスリーは賃貸契約が必要となります。

ウィークリーはホテルのような簡単なチェックインのみで、そもそも両者の物件の成り立ちの違いに由来しているようです。最近では各社の工夫により賃貸契約も簡単になっているため、実質的には手続きの差は感じられなくなってきているようです。

マンスリーマンションのほうが間取りや広さの種類が豊富にあるという利点があります。